兼業軽貨物で稼ぐ日々

兼業軽貨物で食ってます

兼業軽貨物マンのもう一つの仕事について書いてみた

f:id:scrumdriver:20191215014839p:image

もう一つのお仕事

上記エントリーで述べたように私にはもう一つ身内の経営する店舗での「店舗運営」の仕事があり、スポット配送の仕事と並行して働いています。

もともと私は会社員時代に接客サービス業で店舗スタッフも店舗管理者も経験していた事もあり身内からは店を手伝ってほしいと言われていまして、会社を退職するにあたって転職を考えるよりもこちらでお世話になる流れは自然なものでした。

ちなみにお店でどんな仕事をしているかと言いますと、いわゆる「ヒト・モノ・カネ」の管理をやらせてもらっていて、10人程のアルバイトさん・パートさんのシフト管理や採用管理、商品の発注管理、売上・経費の管理等が私の役割です。(身内は高齢になりつつあるので現役からは徐々に退いていく意向のようです。)なお店舗スタッフとしてお店に出る事は急な欠員が発生した場合のみです。

仕事は一本に絞るべき!?

これについて「それって軽貨物の片手間でやる仕事じゃないだろ」と言われることもありましたし、今でも多少あるのですが店舗オーナーとしては私の身内がまだほぼ常勤で居りますし、あとはアルバイトさん・パートさんにそれぞれ役割を担ってもらえば大きなイレギュラーが発生しない限り普通に営業できるものです。

それにイレギュラーな出来事が起こってもスポット配送の場合仕事の区切りがつけやすいので今のところ対応に不備があったことはありません。

一応収入についてざっくり書いておくと、この仕事では20万ちょっと頂いており出勤は店舗運営に支障がない範囲で自由に出勤させてもらってます。

まあこのような生活を送っていると正直休みらしい休みはほとんどなく、体調や用事によって仕事のスケジュールを調整して時間を作る感じにはなりますがむしろ社会人時代よりも家族仲は良くなった気はしますし、体調管理もまずまず上手くいっている気もします。

そういった事もすべてストレスから解放されたことが大きいのかなと思っていて、結局のところ私は雇われることに向いていなかったのでしょう。一般的には自営業は会社員よりリスクの大きい生き方だとされているように感じていますが、人によっては会社員でいる事のほうがより大きなリスクになる人も私を含めているのは確かな事なのかな、と思うので自分にとって大事なものは何なのかを時々考え、優先順位をつけてみる事もアリなのかもしれませんよ。