兼業軽貨物で稼ぐ日々

兼業軽貨物で食ってます

気を引き締めて!重大な交通事故が増加する12月

f:id:scrumdriver:20191212235009p:image

交通事故のニュースを見ると気持ちが萎えますね

12月に入って毎日のように交通事故後の現場(しかも大きな事故現場)を見かけるようになりました

もちろん12月に入る前にも事故後の現場は目撃していましたが、12月に入って明らかに事故が増えているような気がしてちょっとググってみたところ、、、

12月は仕事中の車が起こす死亡事故が増える――。

警察庁による過去5年間の交通事故の分析で、こうした傾向が明らかになった。同庁は「師走で慌ただしいためでは。落ち着いて運転して欲しい」と呼びかける。2014~18年の月別の交通事故による死者は、12月が最も多い計2094人で突出している。数字を押し上げる一因は、仕事中の車が起こした事故で、11月と比べると、99人(27%)多い462人が死亡している。業務中の運転の車が起こした事故の死者が263人で、タクシーやバス、トラックなどプロの運転手による事故の死者が199人だった。(朝日新聞

 確かに12月に入ってバタバタとせわしなく動いているので、なんとなく気が急いて落ち着かないなと感じてはいましたが、実際に12月は我々職業運転手にとっても危険度が高まる月だという事がハッキリとわかりますね。

軽貨物も宅配・スポット配送問わず12月は繁忙期となり忙しくなりますが、配完個数・走行距離以上に安全で確実な配送が大事なんだということを再度肝に銘じ、無事故・無違反で気持ちよく新年を迎えられるようにしたいものです。

ながら運転、事故のもと

スマホながら運転の厳罰化に伴い街中に警察官の姿も多く見られるようになりました。当然つかまっている人の姿も良く見かけるようになりました。でもそうやって一件でも事故を減らそうとしてくれているわけですし、それは結局我々のためになる事なのですから変に警察官の目を意識するのではなく、いつでもどんな時でも交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

※と、言ってる間にも徳島道のトンネルでワゴン車とトラックの正面衝突事故のニュースを見てしまいました。死亡事故のニュースは見ていて本当につらいです。