兼業軽貨物で稼ぐ日々

兼業軽貨物で食ってます

無いと困っちゃう?スポット配送便の必需品 その1

f:id:scrumdriver:20191212235204p:image

コレらが無いと仕事になりませんよー

スポット配送便で扱う荷物は多種多様。しかも依頼を受けて引き取り先に到着してからでないと運ぶものが何かわからない事も多々あります。となるとどんな荷物にも対応できる装備が必要になってきますよね。今回はスポット配送便の必需品と題して装備品の紹介をしていきたいと思います。

・台車

重いものを運ぶのも数多くの段ボールや印刷物を運ぶのも台車があると無いとでは運搬効率が段違い。台車から荷物が落ちないように荷物を台車に固定できるようなベルトのようなものがあるとなお便利です。

・毛布

荷物の養生、荷物間のスキマ埋めに使ってます。多少かさばるのが欠点ですが、毛布がないとなると困る事も少なくありません。降雪時の仮眠の際はエンジンのかけっぱなしが命取りになる事もあるので、暖を取るのにも活躍するかもしれませんね。

・荷締めベルト

荷物を荷室に固定する際に使います。ラチェット式と呼ばれる歯車と歯止めを利用して軽い力で強く締め付ける事の出来る物や、手締めと呼ばれる人力で締め付ける物などがあります。もちろん荷物の固定はロープ等でも代用は出来ますが私は荷締めベルトの方が簡単に扱えて使い勝手が良いのでむしろロープはほとんど使ってません。

・ブルーシート

それほど大きなものでなくても良いですが、1~2枚積んでおくと雨天時の車外への搬出時に荷物を濡らさないようにかぶせたり、濡れた荷物や汚れた荷物の運搬時に荷室に敷いておくと後の掃除が楽になるので便利です。「汚れた荷物って何?」と思った方もいるかもしれませんが、スポット配送の場合建設現場から使用済みの機械や工具を引き取ってレンタル元に返却するといった仕事もあるので、泥や油で汚れた荷物を運ぶこともあります。そんな時にあると嬉しいのがブルーシートなんです。

・作業用手袋

あえて書かなくても良いかな?とも思いましたが、荷物を持つ際のすべり止めやケガ防止等に必須のアイテムです。後述するヘルメットや安全靴等と同様に手袋をしてない状態で現場系の引き取り先に入場すると、退場させられる事もありますので付け忘れには気を付けてくださいね。

・ヘルメット

現場系だけでなく、物流倉庫でも装着が義務付けられていますので必ず助手席に常備しておきましょう。万が一の事を考えて名前や血液型を記入しておくとそれが命を救ってくれるかもしれませんよ。色は白が無難なのではないでしょうか、変に目立つのもどうなんだろうと私は思っちゃいます。

・安全靴

靴のつま先に固い芯が入っていて靴底も頑丈な素材で作られている靴です。荷物の落下や現場でのケガ防止のために活用してください。特に現場では着用が必須ですのでお忘れなく。ちなみにホームセンターなどに行くと時々1,000円を切る値段のものもあったりするので驚きです。

というわけでまだまだ紹介するアイテムがありますので続きは別エントリーで紹介したいと思います。