兼業軽貨物で稼ぐ日々

兼業軽貨物で食ってます

軽貨物の所属会社選びは慎重に、焦りは禁物

f:id:scrumdriver:20191213000116p:image

とりあえずはどこかに所属した方が良いと思うよ

軽貨物で開業するにあたって絶対に必要なものが「車」なんですが、車が用意できても「仕事」がなければ売上を上げる事ができません

軽貨物で「仕事」を得るための手段はいくつかありますが、大多数の方がどこかの運送会社に所属して仕事を斡旋してもらっているのではないかと思われますし、私もとある運送会社にお世話になって仕事を頂いてます。

運送会社に所属と一口に言ってもこれがなかなか多種多様で、会社の規模で言うと大手から中小、はたまた個人まで。扱っている仕事も宅配やスポット・チャーター、ルート便等それぞれに得意分野があります。

中には運送会社とは名ばかりで、ネット等で軽貨物初心者を勧誘して車をぼったくり価格で売りつけたり、なんだかんだと理由をつけて売上から手数料を法外にピンハネするような悪徳業者もいないわけでは無いので、初めて軽貨物で所属会社を選ぶ際には複数の説明会や面接に参加してメリットやデメリットをしっかり比較して選んだ方が良いですし、特に「辞めやすさ」に関してはしっかり確認して辞めるにあたって制約のある会社には安易に所属しない方が無難です。

(上記エントリー下段、「募集広告のワナ」も読んでみてください)

ネットやアプリで仕事を探すのはどうなの?

現在はどこにも所属せずにネットやアプリで仕事を探すやり方もありますが、少なくとも初めて軽貨物をやる方がこれだけで食べていくのは高確率で資金難に陥ると考えられるのでお勧めできません。と言うのもネットやアプリのマッチングは、案件の数に対してドライバーの数が圧倒的に多いので、エントリーしてもほとんどの場合落選してしまう場合もあります。

その点運送会社に所属しておけば、何らかの仕事は割り振ってもらえると思いますし、初心者の方であればそれなりに仕事を教えてもらえるので軽貨物の仕事に慣れるのも早くなり、結果として生活できるレベルまで稼げるようになる時間が早まるでしょう。

とはいえ運送会社が多すぎる件

所属会社選びで難しいのが、会社が大きかったり有名だったりするところを選んでおけば間違いないのかと言われると必ずしもそうではないというところでしょう。軽貨物に限らず物流業界はだいたいどこでも慢性的に人手不足ですしだいたいどこでも人の入れ替わりは激しい傾向にあります。

という事は新しい人材が入ってきてもちゃんと丁寧に教えてくれるわけではなかったり(そもそもちゃんと丁寧に教える余裕もノウハウもない場合も少なくありません)するという事なので、それなら小さな会社であってもちゃんと大事にしてくれようとしていると感じられる会社の方がまだ気分的にやりやすいかもしれません。

仕事をもらう立場である事を忘れない

後は人手不足と言っても結局軽貨物ドライバーは仕事を頂く立場ですので、人当たりの部分であったり腰の低さであったりという部分は仕事を頂くにあたってプラスに働く事の方が多いですからケンカ腰になったり横柄な態度をとったりしない方が良いですよ。

配車担当者と「仲良くしろ」とは言いませんが、配車担当者が困った時に「Aさんは何かと言い方キツイんだよなぁ」と思われるのと、「Bさんは腰低くて何かとお願いしやすいんだよなぁ」と思われるのでは長い目で見て間違いなく後者の「Bさん」の方が仕事量・仕事内容共に「稼げる」仕事が割り当てられるものです。だって、配車担当者も人間ですから。

軽貨物業界は免許があればだいたい誰でも参入できますし、仕事内容もまあ誰でも出来るっちゃ出来る仕事ですからそこで他人と差別化を図ろうと思えば「作業が早い」といった部分も重要ですが、「何かと使い勝手が良い」ドライバーになる事を目標とすれば良いでしょう。

仕事を頂くのに余計なプライドなんか邪魔にしかなりませんよ。