兼業軽貨物で稼ぐ日々

兼業軽貨物で食ってます

だいたいの金額書いてます。スポット配送便は稼げる?稼げない?

スポット配送便は稼げるのか?

前回、スポット配送便とはどんな仕事なのかについて説明させていただきましたが、今回はスポット配送便は稼げるのかどうかについての説明をさせていただきたいと思います。

まず、おおよそ平均的な金額になりますが関西地区を拠点にスポット配送歴約半年の私の現状をお伝えしておきますね。

  • 売上・・・約300,000円
  • 手取・・・約250,000円
  • 稼働・・・週4~5日(月20日弱)

どうでしょうか?画面の向こうから「うーん、微妙!」という声が聞こえてきそうな気がしますね(笑)

どこに重きを置いて働くか

この「稼げるのか?」については私もスポット配送便で開業する前は気になる部分ではありましたので出来れば単刀直入に申し上げたいところなのですが、正直なところ見ての通りでこれは人によって「稼げる」とも言えるし「稼げない」とも言えてしまう数字なのではないでしょうか。

もちろん他のドライバーさんはもっと稼いでらっしゃる方もおられますし、逆にこれよりも稼げてない方もおられます。

私ももう少し稼ごうと思えば稼働日数や時間を増やせば売上で400,000円ぐらいまではいける可能性はあるかな?とは思っていますが私の場合ブログタイトルにあるように「兼業軽貨物」である事から稼働日数や稼働時間の自由度に重きを置いているので現状は上記の数字で満足しています。

宅配便ならどうだろう

以前スポット配送便をやる前に宅配便もやっていたのですが、どうしても稼ぎに重きを置くのであれば宅配便の方が可能性が高いのではないかと思われます。

ただし宅配便の場合基本的にエリア担当制である事がほとんどかと思われるので、稼働日数や稼働時間の自由度はかなり減りますし、私が宅配時代の所属先は全くと言っていいほど時間の自由はありませんでした。

しかもハズレエリアの担当になると拘束時間に対して売上も伸び悩む、なんて事も少なからずありうるので「宅配の方が稼ぎやすい」とは思いますが「絶対に宅配の方が稼げる」とは言いにくいのです。

宅配便の売上は変動するもの

宅配便の話にそれてきたので話をもどしますと、スポット配送便が稼げるかどうかの「一例」としては上記のような数字を参考にしていただければよいのではないかと思われますが、どこの運送会社に所属するか、どの地区を拠点に仕事をするか、どのくらいの日数や時間を仕事に費やすのか等によって売上金額は少なからず変動するものです。

また、運送会社に所属して仕事を請け負うのであれば配車担当者からの信頼の高低はある程度仕事量に影響を及ぼすのではないかと思われますし、配送マッチングサービスは一つの案件に大勢のスポット配送ドライバーが殺到する傾向にあるので競争が激しく、これのみでやり繰りするのは現段階ではかなり難しく、新規参入組となるとその難易度はさらに上がると考えて良いでしょう。

自分で営業して仕事を取っていくという方法も無いことはありませんが、スポット配送便の特性上個人で安定して仕事を請け負い、仕事を遂行していくのは不可能と言っても過言ではないでしょう。と言うより、そもそもそれだけの営業力があれば他の仕事でも十分稼げる気もします。

というわけで、スポット配送便は稼げる?稼げない?について説明させていただきましたが内容としては物足りなさを感じる部分もあるのではないかと思います。ですのでこの内容だけで判断するのではなく、ほかの方のご意見や運送会社の説明会等様々な情報を比較検討して判断していただきたいと思います。